お問い合わせはこちら

お問い合わせはこちら

Curriculum

カリキュラム

Curriculum

カリキュラム

上級経営会計専門家(EMBA)
カリキュラム

カリキュラムは、経営を支援する会計専門家に必要とされる経営管理会計の知識修得を目指す「座学」90時間、経営管理に必要な知識と実際の経営アドバイスに活用する能力を養成する「実習」45時間相当、実習の成果(コンサルティング・レポート)を発表しフィードバックを受けることで経営指導能力の向上をはかる「報告会」30時間から構成されています。

  • 座 学
  • コンサルティング
    実習
  • 報告会
  • EMBA取得
  1. ・経営管理と会計
  2. ・戦略と会計
  3. ・意志決定と会計
  4. ・組織と会計
  1. ・パブリックセクターと会計
  2. ・コンサルティングと会計
  3. ・コーチングと会計
  4. ・サービスデザインと会計

座学カリキュラム

座学カリキュラム

経営管理と会計

経営者や組織運営者が直面する本質的ジレンマを中心に、会計専門家が経営管理システムの設計・運用を通じてどのように組織の理想実現に貢献できるか。管理会計学における近年の議論を紹介しながらグループワークを通じて理解を深める。

戦略と会計

戦略経営のための組織的な経営管理制度として、中期計画や戦略的データ分析はもちろん、戦略経営に適さないともされる予算管理制度も取り上げ、その構造的な設計から運用方法までを検討。戦略経営における管理会計についての理解を深める。

組織と会計

経営会計専門家は、管理会計制度の基礎となる組織制度の設計と運営に対して適切な助言を与えられなければならない。組織と会計をめぐるさまざまな論点を取り上げながら、組織における会計の役割の理解を深める。

パブリックセクターと会計

利益を最終成果としない公的組織では、財務情報と非財務情報を効果的に連動させる仕組みが重要になる。その仕組みの代表としてBSCなどの経営技法について理解し、それらをどのように構築すればよいか議論する。

コンサルティングと会計

業界特性や企業規模に応じたコンサルティング実務の要点を外観。コンサルティング先企業・組織の現状把握や経営課題の抽出、課題解決策の探索・検討・選択、解決策の適用方法の開発などコンサルティング実習に向けた実践的知識を修得する。

コーチングと会計

21世紀の豊かな知識社会の組織管理スタイルにおいて、これまでになくコーチング能力の重要性が高まっている。この講習では経営アドバイスを行う会計専門家に必要とされるコーチング能力について、実践につながる知識と理論の理解をはかる。

サービスデザインと会計

経験やストーリーに重きがおかれる知識社会への移行に伴い、経営アドバイスを行う会計専門家にも無形の価値を研究・開発・企画・設計する能力が求められている。これらのサービスをデザインし成果に結びつける理論・実践を広く理解する。

意志決定と会計

この文章はダミーテ◇キストです。十文字◇ごとに四角。が入り◇、百文字ごとに二重◇丸の後に数字が入り◇ます。文章は文字の◇サイズとフォントの◇イメージを掴むため◇の物で、コピーが決◇まり次第差し替えま◎100す。このダミ◇ー文章は文章

コンサルティング実習

コンサルティング
実習

受講生は中小企業や非営利組織の経営に何らかの形で関わった実務経験があることを前提に、実践さながらのコンサルティング実習を設計。3名ずつのコンサルティングチームを編成し、紹介するコンサルティング先企業の経営を分析して課題を抽出します。その後、座学で学んだ知識とお互いの経験や知見を結集して解決策を考え、経営者の前で発表。その成果報告に対して、専門的知識を保有した指導員会がフィードバックを行い、実践能力の向上をはかります。

コンサルティング実習の流れ
コンサルティング実習の流れ